プロフィール

いも女

  • Author:いも女
  • ちくわのことを愛して止まず、究極の親ばかを目指しているいも女です。
    よろしくねー
FOLLOW
アルバム

カレンダー+月別アーカイブ
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
モデル犬活動
629

チェリー!加油! 黄金期 1日目



5/19(土)に血栓症で倒れたチェリーちゃんのことをずっと書き留めよう、日本語に訳そうと思いつつも、なかなか時間が取れなかった。今日から少しずつチェリーちゃんの闘病記を訳していく。

まず、チェリーファミリーの家族構成の紹介:

チェリー
チェリーママ
チェリーママのママ

以下はチェリーママが書いた日記を訳したもの。




いろんなことに追われる毎日で、ひさしぶりの更新になった。
チェリーもチェリーママのママの世話で、元気に育っている・・・
ブログを更新する時間はないが、成長アルバムに収める写真はちゃんと撮っているよ。
ずっとこのように幸せに暮らしていけると思っていたが、
昨夜、おてんば娘チェリーの後ろ足が突然立てなくなった。
その場にいた全員がびっくりする瞬間だった。
直前まで飛び跳ねていたので・・
本当に突然後ろ足に力が入らなくなって、
前足で後ろ足を引きずる感じで匍匐前進していた・・
それから急いで病院に向った。

夜中の救急病院にいた野暮医者は
原因はアキレス腱損傷、最悪の場合は立てなくなる、
何日か様子を見てみないと何とも言えない、と言っていた。
注射を2本打って、また明日来てくださいと。
家に帰った後、後ろ足が直るどころか、なぜか前足までも力が入らなくなった。

チェリーママは不憫さ、悲しみと恐怖に耐えられず大泣き。
まだ2歳にもなってないのに、歩けなくなったらどうしよう。
チェリーはあんなにおてんばで元気で、走るのが大好きなのに、
本当に歩けなくなったらどうしよう。
何かが起きるのではないかと心配して、寝ても寝付かず、ずっとチェリーを見守っていた。

チェリーママは台北に住む4Pママ(いも妹のこと)に電話して相談する以外何もできない。
翌朝になっても足が立たないチェリーを見て、違う先生のところに連れて行くことを決意。

以前口蓋裂で苦しんでいたチェリーを何度も救ってくれた孔先生に
朝7時から電話して、9時までかけ続けてもつながらない。
10時になってやっとつながって、アポをとって急いで孔先生の病院へ。

結局、本当の病名はアキレス腱損傷じゃなくて、血栓症だった。
血管の中にできた血の塊が後ろ足の血管に詰まったせいで後ろ足に力が入らなくて立てなくなった。
先生はすぐさまチェリーに血栓を溶かす薬と血管を広げる薬を投与。
そして、血液検査を実施。
結果的には原因不明の突発性血栓症によるものだった。
孔先生は、早く病院に連れてきてよかった。肉球が紫色になっていたら、もう手遅れだ。と言っていた。

これからは飲み薬と5日間のマッサージ(この5日間は大事な黄金期!)
この5日間を無事に過ぎればもう心配ない。

今日はその1日目。
夜になって、チェリーの後ろ足が少し立てるようになった!
昨夜発病した直後と比べると断然よくなったので、
チェリーママもチェリーのことを愛してくれているみなさんも少しほっとした。
少しだけだが、よくなったから!!
あとはこれから毎日少しずつ良くなっていくのを待つだけ!

チェリー、加油(頑張って)!早く立てるようになってね!
まだまだ行ってないところがいっぱいあるよ!!
bobo、 わさび兄にも会いに行かなくちゃ。
ぬいぐるみの熊さんたちもチェリーと遊ぶのを待ってる!!
早く直そうね!!
(みなさんの応援もよろしくおねがいします。感謝します)



明日の闘病記もお楽しみに。

☆ One Click A Day Please! ☆
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

Return to Pagetop