プロフィール

いも女

  • Author:いも女
  • ちくわのことを愛して止まず、究極の親ばかを目指しているいも女です。
    よろしくねー
FOLLOW
アルバム

カレンダー+月別アーカイブ
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
モデル犬活動
1934

ちび猫 2度目の病院

image


今週はちび猫のお腹が異様に膨らんでいることに気付き、
流血覚悟でちび猫を捕まえて病院に連れて行った。

お腹を触ると固くて、まるでボールが入っているような感触だったから、
腹水?子宮蓄膿症??といろいろ悪いことを想像しちゃいました。

結果はご飯の食べ過ぎで、お腹はご飯だらけ状態だった><

思い当たる事はある、、、
ちび猫のことが大好きな茶虎が、
「僕のご飯もどうぞ!」と自分のご飯をちび猫に差し出すから、、、

2、3日ご飯を少なめにして、お腹が引っ込むのを待つ。
今後は茶虎のご飯まで食べないように気をつける。

せっかく病院に連れて行けたから、ついでに健康診断してもらったら、
口内炎のせいで見た目が汚いちび猫は意外にも健康体!
ほっとした!!口内炎さえ治せばOK!


以下Pとシェアするためのメモ書き。


※元々4本残っていた犬歯が3本だけになった。
 向かって左下の犬歯がいつの間にか抜けた。

※一週間飲ませてみた抗生物質、ビルデンタマイシン75 は効果が見られたので、
 引き続きあと2週間飲ませることになった。

※猫の口内炎に良いとされるサプリメント、セラプトfmも平行して飲ませることにした。

※抗生物質やサプリメントで口内炎が治らない場合、ステロイドの投与か全抜歯が適用。

※歯肉だけじゃなくて、喉の奥も赤く腫れているから、
 もしかして抜歯しても口内炎が治らない可能性がある
 (通常は全抜歯したら7割の猫は口内炎が治る)。
 
※以前ハムスターGフォースのGの闘病でステロイドに対して悪いイメージしかないから、
 ステロイドは最終手段にしたい。


0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

Return to Pagetop