プロフィール

いも女

  • Author:いも女
  • ちくわのことを愛して止まず、究極の親ばかを目指しているいも女です。
    よろしくねー
FOLLOW
アルバム

カレンダー+月別アーカイブ
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
モデル犬活動
1867

2度目のインド

Indian family


初めてインド(2007年、ムンバイだけ)に行ったときは仕事でほとんど観光できなかったから、
今回はあちこち見ることができて、インドについて理解度が深まった気がする。
移動ばかりで疲れたけど、とても楽しかった!

どの町も旧市街と新市街に分かれていて、
旧市街はごちゃごちゃして汚い、新市街は道が整備されていて綺麗。

町の雰囲気がモロッコと非常に似ていると思った。
買い物するとき、値段交渉が必要なのはモロッコと同じだが、
モロッコより良かったのは売りっこがしつこくないところ。

行く前は友達に襲われないようにと注意されたが(いもくさいから、まったく心配いらないね)
危険を感じることは一度もなかった。
襲われるより道路を渡るとき車に引かれて死ぬ確率のほうが遥かに高い。
インドは交通量の割に信号が少ないので、道を渡るときは命がけ!
無事帰って来れたのが奇跡のよう。


インドで無数の野良犬を見た。
どの町も空気がひどく悪く、野良犬はみんな肺癌になりかねないと思った。
野良犬と同じ位の数のホームレスもいるので(女の人、子供もたくさん)、
国が野良犬対策まで手が回らないというのが現状。

インドには殺生を嫌う風習があるから、人に殺されたり、
日本のように野良犬はすぐ保健所に送られ、殺されてしまうことはない。
町中をさまよってなんとか生きている。


世界遺産のフマユーン廟の入り口に住み着いてるワンちゃん達。
一匹は大きな腫瘍を抱えているが、それなりに楽しんでいるように見えた。

排気ガスがひどい町中にいる野良犬より、
緑がたくさん、比較的静かなフマユーン廟に住めるだけでかなりラッキーなワンちゃん達なのだ。

dogs live around the entrance of world heritage Humayun's Tomb

a puppy and a dog live around the entrance of world heritage Humayun's Tomb

大きいワンちゃん達に見守られながら、子犬もすくすく育っている。
ドイツ人のおばさん観光客からおいしそうなクッキーをもらって食べてた。

a puppy lives around the entrance of world heritage Humayun's Tomb


インド旅行の写真は  India@flickr で見てね。


0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL