プロフィール

いも女

  • Author:いも女
  • ちくわのことを愛して止まず、究極の親ばかを目指しているいも女です。
    よろしくねー
FOLLOW
アルバム

カレンダー+月別アーカイブ
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
モデル犬活動
1758

ピジョンくん

いも女のなんちゃって動物愛護の活動はもはやマニアの域に達した。

<5月28日>

マンションの駐輪場で鳩が犬友の自転車のカゴに巣を作って、
卵を2個抱えてるのを発見。
父鳩と母鳩が順番に卵を温めていた。


Untitled


<6月15日>

いつ産まれたのか分からないが、気付いたら、雛が1羽だけいた。
雛は名付けて、ピジョンくん。

Untitled


それから毎朝ちくわのお散歩に出かけると、真っ先にピジョンくんの様子を見に行く。
いつもいる親を見かけなくなったので、
親がちゃんと帰って来てピジョンくんに餌をあげてるかどうかを確認するために
カメラを仕掛けた。

20秒に1回写真を撮ってくれるように設定して、
あとでカメラを回収して画像を確認したら、
親は毎日4回〜5回餌やりに戻ってくる。
長いときは33分、短いときは1分。
雨の日もちゃんと戻る。
ピジョンくんが大事に育てられていると実感する。


その動画を Youtube にアップした。
傾きを直すのに時間かかるのであえてそのまま。




3:00〜3:20あたりで父鳩も母鳩も戻って来て、
順番に餌をあげてるのが確認できる。


※カメラの日付を設定し直すのを忘れたので、日付が1月になっている。


<6月24日>

ピジョンくんが産まれてから、親を見かけなくなったが、
昨日は運良く見る事ができた。
散歩中のちくわに協力してもらって動画を撮った。
親が飛び立った後もピジョンくんはしばらく立ち尽くしていた。
置いて行かれて、寂しかったのかも。




写真も撮った。

なぜかすぐにはカゴに入らないで、一旦休憩する親鳩。

Untitled

ピジョンくんと親鳩(右)

IMG_5120

大きく成長したピジョンくん。

Untitled



ピジョンくんの成長を追っかけて、
若いとき台湾のど田舎でレース鳩と食用鳩^^;を飼っていた父親に見せたかったのに、
今朝見に行ったら、ピジョンくんはもういなかった。

巣立ちするには少し早い、
昨日カゴの中にはなかった羽根が今日2、3本カゴの中に落ちていた、
マンションの住民によると朝カラスが近くにいた。。。

見てないので、分からないけど、
ピジョンくんはカラスにやられたのかもしれない。

たまたま仕掛けていたカメラの電池が切れて、前の日に下げたせいで、
何が起きたのか分からない。

日本には鳩が多すぎて、あまりいいイメージがなかったけど、
親鳩が対で一生懸命雛の世話しているのを見て、ほほえましかった。
鳩を見る目が変わった。

明るい話じゃなくて申し訳ないです。


☆一日一回応援クリックをぽちりとお願いします☆
  • Date : 2013-06-25 (Tue)
  • Category : いも女
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL