プロフィール

いも女

  • Author:いも女
  • ちくわのことを愛して止まず、究極の親ばかを目指しているいも女です。
    よろしくねー
FOLLOW
アルバム

カレンダー+月別アーカイブ
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
モデル犬活動
1441

Good-bye G Force

ちくわの散歩途中で保護したGフォース(ハムスター2匹)の報告。

9月1日にGが亡くなった。
4日後の今日、PetiteがGを追うように永遠の眠りについた。


GもPetiteも優しい子で、
いも女が心の準備ができるように合図を出してくれていた。

一ヶ月前から大好きのひまわりの種にあまり興味を示さなくなった。

椎間板ヘルニアで後ろ足にあまり力が入らないGは
最後の一週間はほとんど歩けなくなっていた。

歩けなくなったGは楽しくなさそうだなと思ったその矢先に
Gが静かに息を引き取った。


苦しまなかったように見えたGに対し、
Petiteの最後は可哀想だった。


Gが亡くなったその日から、
Petiteが「プシュプシュ」のような音を出すようになった。
口で呼吸していて、吸い込んだ空気でほほ袋が風船みたいにふくらむ。

インターネットに鼻から音を出すようになった場合はすでに手遅れ(一週間後に亡くなった例もあった)
と載っていたが、念のため病院へ。

呼吸が苦しそうだから、酸素室に入れてもらえるのかなと期待していたが、
肺炎と診断され、飲み薬と高濃度の粉ミルクを処方されただけだった。

先生はPetiteはもう長くないと分かっていたのでしょうか。。


Petiteが立てなくなって同じ方向にくるくる回って、
苦しそうにしてから息を引き取るまで17時間も頑張った。

もう頑張らなくてもいいのよと言い聞かせても
Petiteは小さな体で、

以前飛び出ていたけど、また元に戻った右目が空気でふくらむほほ袋のせいで
また押し出されて、見るにも無残な姿で、

最後まで頑張った。


うちに来てから丸1年と5ヶ月。
GとPetiteの年は分からないが、
もっともっと生きられると思っていた。

早すぎる1年と5ヶ月だった。


110518_1637~003


GとPetiteはなぜかよく管の中で亀みたいに重なっていた。
上に載っているのがPetite。


☆一日一回応援クリックをぽちりとお願いします☆

3

Comment

  1. いも女

    いも女

    2011-09-12 (Mon) 00:16

    >ひなちゃんさん、ゆきちゃんさん

    ありがとうございます!

    プライオリティワンのちくわの世話があるので、くよくよしていられませんが、
    毎晩ふとGフォースのことを思い出したりします。

    大好物のブロッコリーや50%OFFになったパパイヤをゲットするのが日課で、
    もう必要ないんですけど、あっ、ブロッコリー!ってふと思い出すんです。
    習慣って恐ろしいですね。

    ハムスターの初心者じゃなかったら、
    もっといろいろよくしてあげられたのかもしれないって、
    反省ばかりしていますよ^^;;

  2. ひなちゃん

    ひなちゃん

    2011-09-08 (Thu) 15:08

    私がハムスターだったら、いも女さんの家の子になりたいです。
    絶対幸せだから。

    さみしいですね・・元気出して下さい。
  3. ゆき

    ゆき

    2011-09-08 (Thu) 09:46

    Gちゃん、Petiteちゃんのこと、とっても残念です。
    数年前、手の中で息を引き取ったハムスターのことを思い出しました。
    体は小さいですが、命の重さは皆同じですよね。
    いも女さんの愛情は十分伝わっていたのだと思います。
    いろいろと教えていただいてありがとうございました。

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL