プロフィール

いも女

  • Author:いも女
  • ちくわのことを愛して止まず、究極の親ばかを目指しているいも女です。
    よろしくねー
FOLLOW
アルバム

カレンダー+月別アーカイブ
01 ≪│2018/02│≫ 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
モデル犬活動

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

1250

速報!

夜気付いたら、ちくわの イボ がなぜか半分無くなっていた!

報告が遅くなったが、
年末、セカンドオピニオンを求めに川口にあるよしむら動物病院に行った。

副院長の先生が、

活発なちくわのことなので、
イボにレーザーを当てるのに全身麻酔でやる必要がある。
フレンチブルドックのような短頭種では麻酔後に気道が閉塞してしまう危険性が生じるため、
全身麻酔に関しては十分に慎重にならないといけない。

将来的に例えば去勢する必要が出てきて、
その手術をやってついでにイボを取るのであれば賛成だが、
イボを取ることだけが目的だったら、やめたほうがいい。
自分の子だったら、やらない。

とアドバイスしてくれた。

以来、イボのことが気にならなくなった。
イボごときで、ちくわを痛い目に合わせるわけにはいかないので、
イボと ”仲良くする” ことに決めた。

それが今日いきなりイボが半分取れて、小さくなった!血も出てない!
※カリフラワーの花蕾の部分が半分取れたイメージ。



この写真じゃイボがどう小さくなったのか分からないね。。

☆一日一回応援クリックをぽちりとお願いします☆
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。